最新記事一覧

new!

「君と重ねたモノローグ」の歌詞から学ぶ
【学び】自分の“モノローグ”は最初に自分自身の背中を押してくれる。「モノローグ」とは、舞台演技などで見られる、自分の考えや感情を一人で話すこと。歌詞をたどると、恋の歌よりも友情の歌に聞こえます。これは「Birthday」とともに主題歌として使われた「映画ドラえもん のび太の新恐竜」の影響を僕が受けてるのも多分にあります。出会ったことで強くなれる。そんな相手と出会うことは、人生ではそんなに多くないでしょう。だから精一杯大事にしなければなりません。

new!

「Birthday」の歌詞から学ぶ
【学び】“今”を大事にして生きれば、今この瞬間に生まれ変われる。「birthday」という言葉には「生まれ変わる瞬間」という意味が持たされています。私もあなたも、誰もがみんな、自分の気持ち次第で今この瞬間に生まれ変われる。これがこの歌詞がメインメッセージではないでしょうか。
「ランニングハイ」の歌詞から学ぶ
ミスチル「ランニングハイ」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。「ランニングハイ」とは、ご存知の通り走っているときに気持ちが高揚して疲れや苦しさを感じなくなった状態のこと。歌詞を追うと、一貫して「ザ・自分との対話」という内容です。歌い出しの歌詞では自分の内面が甲と乙に分かれて言い合いをしています。
「掌」の歌詞から学ぶ
ミスチル「掌」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。一人ひとりが違うということを、「掌」という一言で表現しているところに深みを感じるこの歌詞。その違いのせいで、真剣な自分の思いが、相手には違うように伝わったり、歪んだ結果を生んだりしてしまう。それが愛する人やわかり合いたいと思う人との関係で起こると、とてもつらい思いをします。そんな現実に苦しみながらも、違いを受け入れる必要性に気づき、互いに認め合うことができればそれがゴールなのだという考え方を教えてくれる歌詞です。
「未来」の歌詞から学ぶ
ミスチル「未来」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。この歌詞の主人公は自分の未来について不安や閉塞感を持っています。未来が不安なのは全人類共通ではないでしょうか。僕としても共感度のすごく高い歌詞です。だけど、じっくりと歌詞を聞いた後には立ち上がる勇気をもらえる、そんな曲だと感じています。
「Drawing」の歌詞から学ぶ
ミスチル「Drawing」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。優しいメロディーに桜井さんのしっとりとした声がとても美しい、柔らかく暖かいラブソングです。主人公は、“君”のことを想いながら、過去の記憶、未来への希望、そして自分の願いを頭の中に描ています。主人公はいつでもどこでも“君”のことを頭に思い“描いている”。これがタイトルの「Drawing」の意味なのではないかと僕は解釈しています。
「LOVE」の歌詞から学ぶ
ミスチル「LOVE」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。本命の恋人ではないけれど、気になってしまう異性。程度の差はもちろんあるとしても、そんな異性がいた経験がある人は多いのではないでしょうか。この曲は、まさにそんな相手への気持ちを歌った曲です。主人公は本命の彼女がいながらも、“君”という別の女性のことがとても気になっていて、特別な感情を抱いています。
「さよならは夢の中へ」の歌詞から学ぶ
ミスチル「さよならは夢の中へ」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。タイトルからすると別れの歌のようですが、最後まで歌詞を聞くと「愛が蘇る希望」を歌った曲であることがわかります。すれ違いを繰り返し、さよならを覚悟していた主人公ですが、その心の中は彼女のことを失いたくない気持ちで溢れています。このままでは彼女を失ってしまう。ちゃんと行動をしなくちゃダメだ。と立ち上がったところで歌詞は終わります。
「NOT FOUND」の歌詞から学ぶ
ミスチル「NOT FOUND」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。愛というものの奥深さと複雑さ、それに伴って現れるそのときそのときで異なる感情、異なる自分。歌詞を追っていくとそんな言葉や感覚が流れ込んできます。この歌詞の主人公は、まさに“愛”というものに向き合い、ジェットコースターのように浮き沈みする感情を味わっているところです。
「CENTER OF UNIVERSE」の歌詞から学ぶ
ミスチル「CENTER OF UNIVERSE」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。タイトルを直訳すると「宇宙の中心」になりますが、この歌詞は、「自分こそが宇宙の中心だ」というメッセージを投げかけています。「うまく行かないことも歪んだ世の中のことも気になるけれど、とにかくこの宇宙の中心は自分なのだ」この思い切った考え方が僕は大好きです。そしてこの考え方は真理だと信じています。
「花 ーMemento-Moriー」の歌詞から学ぶ
ミスチル「花 ーMemento-Moriー」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。「Memento-Mori」とはラテン語で「死を想え」という意味。「いつか死ぬということを忘れるな」ということを人々に伝えるために使われる言葉だそうです。歌詞を見渡すと、夢のこと、愛のこと、そして死のことについて書かれています。言われてみれば、人生というのは、大きく分けるとこの3つがテーマなのかもしれません。
「口がすべって」の歌詞から学ぶ
ミスチル「口がすべって」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。人間の本質を語りながら、平和を祈って書かれた歌詞だと解釈しています。歌詞を順に読んでいくと、「わかるわかる」と思わずうなずいてしまうフレーズばかりです。身近な人との喧嘩から始まり、世界に残る紛争にも言及しています。でも、最後には許し合う力を持っている人間という生き物を信じたいという思いが書かれています。
「光の射す方へ」の歌詞から学ぶ
ミスチル「光の射す方へ」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。歌詞のなかから見えてくる主人公は、かなり尖ったところのある男。しかし、この主人公の本当の姿はもっとピュアです。そして、自分の存在が小さなものだという意識も持って悩んみつつも、目標を定めてそこに進んでいこうともがいています。僕がこのように解釈する理由を、次から書いていこうと思います。
「くるみ」の歌詞から学ぶ
ミスチル「くるみ」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。「くるみ」という言葉について、僕としては「未来を見据えつつ、過去のことを振り返るのに使っている言葉」というニュアンスで解釈しています。歌詞全体からも、過去への想いと未来への不安と希望が描かれていることが伝わってきます。
「星になれたら」の歌詞から学ぶ
ミスチル「星になれたら」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。大事な人と離れる決断をした主人公。でもそれは、いつかその大事な人に語った夢を実現したかったから。その人に夢を語ったことで、夢は約束になったのです。この約束を果たしたうえで、また“君”と笑顔で会いたい。そんな意志の強い律儀な主人公の心境が綴られた歌詞です。
「Tomorrow never knows」の歌詞から学ぶ
ミスチル「Tomorrow never knows」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。「明日のことは誰にもわからない」というテーマに沿って、過去の傷や未来への不安が描かれた歌詞になっています。ほの暗い群青色の景色が少しずつ明るさを帯びて朝がやってくる。そんなイメージが浮かんでくる一曲です。
「Forever」の歌詞から学ぶ
ミスチル「Forever」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。別れてしまった彼女との日々を思い出しながら、感傷に浸っている主人公の心境が綴られた歌詞。“永遠”なんてものを信じてしまっていた自分を浅はかだと思う一方で、“永遠”なんてものを信じれたほどの恋ができたことを大事に思っている気持ちも感じているのではないでしょうか。
「End of the day」の歌詞から学ぶ
ミスチル「End of the day」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。歌詞を全体的に見ると、主人公は何らかの目標を持っていて、でもそこになかなか近づけないでいる姿が浮かんできます。また今日が終わる…。なのに全然先に進んでない。こんな気持ちは誰にだって経験があるでしょう。しかし、歌詞の最後では、そんな風にもがき苦しむ日もまた“終わる”んだ。ということが書かれていて、僕たちに希望を見せてくれます。
「僕らの音」の歌詞から学ぶ
ミスチル「僕らの音」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。切なげに響くメロディと、歌い出しの「bye-bye」の物悲しい雰囲気の桜井さんの歌声が印象的なこの曲。タイトル「僕らの音」の“僕ら”とは、主人公とその片想い相手の“君”の2人のことではなく、この世界に生きるすべての人のことを指している言葉だと解釈するのがピッタリくると思います。
「Over」の歌詞から学ぶ
ミスチル「Over」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。ミスチルの別れの曲のなかでも定番で人気の高い曲です。桜井さんが『Tour2016虹』のMCのなかで、「恋が終わったラブイズオーバーのoverと、失恋を乗り越えていこうとするoverとのダブルミーイング」としゃべっていましたが、まさしくそのどちらの要素も歌詞に書かれています。
「蘇生」の歌詞から学ぶ
ミスチル「蘇生」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。日々の生活を送るなかで、ふいに壁にぶつかり、立ち止まってしまうときというのはあるものです。また、自分が信じていたものをふと見失ってしまうようなことも。この曲の歌詞の主人公も、そんな場面に出くわします。しかし、そこで前に進むのを辞めてしまったり、あきらめて投げ出してしまうことはしません。何度でも生まれ変わって行けると信じ、目指したい目標や夢を見据え続けます。
「あんまり覚えてないや」の歌詞から学ぶ
ミスチル「あんまり覚えてないや」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。人生に起こる出来事は、あんまり覚えていないこととちゃんと覚えていることの2つに分けられますよね。この歌詞では、自分としてしっかり大事にしておきたいと思っていたことが、翌日にはぼんやりとしか覚えていなかったという話と、それとは正反対に、無意識ではありながらも若かった日のことや子どもとの思い出などははっきり覚えているという話が書かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました