はじめに

ときに優しく温かく、ときにハードに毒々しく。聴く人の笑顔に寄り添い、涙に寄り添う、Mr.Childrenの歌詞。

そんなミスチルの歌詞にハマってしまった管理人が、独断と偏見で歌詞から読み取れる物語や世界観を深掘りし、人生の機微について学ぼうとするサイトです。

読者のみなさまとミスチルの至高の歌詞を味わえたら幸いです。

 おことわり>

  • 当サイトに書かれた解釈は、あくまで管理人個人の独断と偏見、妄想によるものです。情報の正確性について保証するものではありません。
  • 曲作りのエピソードやメンバーの裏話などの情報は基本抜きで書いています。
  • 2019年3月に開設し、真心とリスペクトを込めて1曲ずつ書いています(マイナーな曲から書く傾向あり)。お目当ての曲が未作成でしたらごめんなさい。完成を応援してくださると幸いです。

 

最新記事から探す

「友とコーヒーと嘘と胃袋」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。この歌詞の主人公がどんな人物か想像してみましょう。女性経験も豊富そうだし、罰当たりと言われることもいとわない姿勢。そして何より、自分の身に起こること全部を飲み込んで、それを筋肉に変えてしまおうという考え方。ここから、思い切りのいい男らしい人物という感じがします。しかし、僕は一方で弱い所や自信のないところも抱えている人物だと思います。
「It's a wonderful world」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。同じアルバムに収録されている「Dear wonderful world」という曲ととてもよく似ています。違いは、この曲のサビの部分が「Dear wonderful world」にはないということ。そして、この2つの曲の歌詞を見比べると、「It's a wonderful world」と「Dear wonderful world」は互いを補い合う関係なのではないかと取ることができそうです。
「Dear wonderful world」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。同じアルバムに収録されている「It's a wonderful world」という曲ととてもよく似ているのも大きな特徴。違いは、「It's a wonderful world」のサビの部分が、この「Dear wonderful world」にはないということ。そして、この2つの曲の歌詞を見比べると、「It's a wonderful world」と「Dear wonderful world」は互いを補い合う関係なのではないかと取ることができそうです。

最新記事一覧へ

 

五十音から曲を探す

                 

 

アルバムから曲を探す

オリジナルアルバム

 

 

 

ベストアルバム

ジャケット画像の出典元:http://www.mrchildren.jp/disco/