はじめに

ときに優しく温かく、ときにハードに毒々しく。聴く人の笑顔に寄り添い、涙に寄り添う、Mr.Childrenの歌詞。

そんなミスチルの歌詞にハマってしまった管理人が、独断と偏見で歌詞から読み取れる物語や世界観を深掘りし、人生の機微について学ぼうとするサイトです。

読者のみなさまとミスチルの至高の歌詞を味わえたら幸いです。

 おことわり>

  • 当サイトに書かれた解釈は、あくまで管理人個人の独断と偏見、妄想によるものです。情報の正確性について保証するものではありません。
  • 曲作りのエピソードやメンバーの裏話などの情報は基本抜きで書いています。
  • 2019年3月に開設し、真心とリスペクトを込めて1曲ずつ書いています(マイナーな曲から書く傾向あり)。お目当ての曲が未作成でしたらごめんなさい。完成を応援してくださると幸いです。

 

最新記事から探す

「くるみ」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。「くるみ」という言葉について、僕としては「未来を見据えつつ、過去のことを振り返るのに使っている言葉」というニュアンスで解釈しています。歌詞全体からも、過去への想いと未来への不安と希望が描かれていることが伝わってきます。
「星になれたら」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。大事な人と離れる決断をした主人公。でもそれは、いつかその大事な人に語った夢を実現したかったから。その人に夢を語ったことで、夢は約束になったのです。この約束を果たしたうえで、また“君”と笑顔で会いたい。そんな意志の強い律儀な主人公の心境が綴られた歌詞です。
「Tomorrow never knows」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。「明日のことは誰にもわからない」というテーマに沿って、過去の傷や未来への不安が描かれた歌詞になっています。ほの暗い群青色の景色が少しずつ明るさを帯びて朝がやってくる。そんなイメージが浮かんでくる一曲です。

最新記事一覧へ

 

五十音から曲を探す

                 

 

アルバムから曲を探す

オリジナルアルバム

 

 

 

ベストアルバム

ジャケット画像の出典元:http://www.mrchildren.jp/disco/