はじめに

ときに優しく温かく、ときにハードに毒々しく。聴く人の笑顔に寄り添い、涙に寄り添う、Mr.Childrenの歌詞。

そんなミスチルの歌詞にハマってしまった管理人が、独断と偏見で歌詞から読み取れる物語や世界観を深掘りし、人生の機微について学ぼうとするサイトです。

読者のみなさまとミスチルの至高の歌詞を味わえたら幸いです。

 おことわり>

  • 当サイトに書かれた解釈は、あくまで管理人個人の独断と偏見、妄想によるものです。情報の正確性について保証するものではありません。
  • 曲作りのエピソードやメンバーの裏話などの情報は基本抜きで書いています。
  • 2019年3月に開設し、真心とリスペクトを込めて1曲ずつ書いています(マイナーな曲から書く傾向あり)。お目当ての曲が未作成でしたらごめんなさい。完成を応援してくださると幸いです。

 

最新記事から探す

「さよならは夢の中へ」の歌詞から学ぶ
ミスチル「さよならは夢の中へ」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。タイトルからすると別れの歌のようですが、最後まで歌詞を聞くと「愛が蘇る希望」を歌った曲であることがわかります。すれ違いを繰り返し、さよならを覚悟していた主人公ですが、その心の中は彼女のことを失いたくない気持ちで溢れています。このままでは彼女を失ってしまう。ちゃんと行動をしなくちゃダメだ。と立ち上がったところで歌詞は終わります。
「NOT FOUND」の歌詞から学ぶ
ミスチル「NOT FOUND」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。愛というものの奥深さと複雑さ、それに伴って現れるそのときそのときで異なる感情、異なる自分。歌詞を追っていくとそんな言葉や感覚が流れ込んできます。この歌詞の主人公は、まさに“愛”というものに向き合い、ジェットコースターのように浮き沈みする感情を味わっているところです。
「CENTER OF UNIVERSE」の歌詞から学ぶ
ミスチル「CENTER OF UNIVERSE」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。タイトルを直訳すると「宇宙の中心」になりますが、この歌詞は、「自分こそが宇宙の中心だ」というメッセージを投げかけています。「うまく行かないことも歪んだ世の中のことも気になるけれど、とにかくこの宇宙の中心は自分なのだ」この思い切った考え方が僕は大好きです。そしてこの考え方は真理だと信じています。

最新記事一覧へ

 

五十音から曲を探す

                 

 

アルバムから曲を探す

オリジナルアルバム

 

 

 

ベストアルバム

ジャケット画像の出典元:http://www.mrchildren.jp/disco/