スポンサーリンク

はじめに

ときに優しく温かく、ときにハードに毒々しく。聴く人の笑顔に寄り添い、涙に寄り添う、Mr.Childrenの歌詞。

そんなミスチルの歌詞にハマってしまった管理人が、独断と偏見で歌詞から読み取れる物語や世界観を深掘りし、人生の機微について学ぼうとするサイトです。

読者のみなさまとミスチルの至高の歌詞を味わえたら幸いです。

 おことわり>

  • 当サイトに書かれた解釈は、あくまで管理人個人の独断と偏見、妄想によるものです。情報の正確性について保証するものではありません。
  • 曲作りのエピソードやメンバーの裏話などの情報は基本抜きで書いています。
  • 2019年3月に開設し、真心とリスペクトを込めて1曲ずつ書いています(マイナーな曲から書く傾向あり)。お目当ての曲が未作成でしたらごめんなさい。完成を応援してくださると幸いです。

 

最新記事から探す

「終わりなき旅」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。まさに生き方をテーマにした歌詞。自分との対話をしながらの自分探し。歌詞を追うと主語が変わっていくのもこの曲の特徴です。“僕”から“君”へ、そして“僕ら”へと変化しています。つまりこの歌詞は、架空の主人公の気持ちや境遇を歌っているだけでなく、僕たち現代人全体に向けたエールだと捉えることができます。
「しるし」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。「愛し合っている男女が何らかの事情で離れることになってしまった」というシチュエーションの歌詞ではないかと僕は解釈しています。「ダーリンダーリン」と呼びかける心の声は、その未来(運命)に抗いたい気持ちがあふれ出したものではないでしょうか。
「君が好き」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。都会の夜の景色のなかで“君”を想う気持ちを噛みしめるように歌う主人公。そんな姿が浮かんでくる歌詞です。片想いの歌詞と思ってほぼほぼ間違いないでしょう。心からあふれた想いは、口からもあふれてしまい、繰り返し繰り返し「君が好き」とつぶやいてしまう。そんな苦しくもどこか心地よい片想いの心境がうかがえます。

最新記事一覧へ

 

五十音から曲を探す

                 

 

アルバムから曲を探す

オリジナルアルバム

 

 

 

ベストアルバム

ジャケット画像の出典元:http://www.mrchildren.jp/disco/