歌詞解釈

歌詞解釈

「さよならは夢の中へ」の歌詞から学ぶ

ミスチル「さよならは夢の中へ」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。タイトルからすると別れの歌のようですが、最後まで歌詞を聞くと「愛が蘇る希望」を歌った曲であることがわかります。すれ違いを繰り返し、さよならを覚悟していた主人公ですが、その心の中は彼女のことを失いたくない気持ちで溢れています。このままでは彼女を失ってしまう。ちゃんと行動をしなくちゃダメだ。と立ち上がったところで歌詞は終わります。
歌詞解釈

「NOT FOUND」の歌詞から学ぶ

ミスチル「NOT FOUND」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。愛というものの奥深さと複雑さ、それに伴って現れるそのときそのときで異なる感情、異なる自分。歌詞を追っていくとそんな言葉や感覚が流れ込んできます。この歌詞の主人公は、まさに“愛”というものに向き合い、ジェットコースターのように浮き沈みする感情を味わっているところです。
歌詞解釈

「CENTER OF UNIVERSE」の歌詞から学ぶ

ミスチル「CENTER OF UNIVERSE」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。タイトルを直訳すると「宇宙の中心」になりますが、この歌詞は、「自分こそが宇宙の中心だ」というメッセージを投げかけています。「うまく行かないことも歪んだ世の中のことも気になるけれど、とにかくこの宇宙の中心は自分なのだ」この思い切った考え方が僕は大好きです。そしてこの考え方は真理だと信じています。
歌詞解釈

「花 ーMemento-Moriー」の歌詞から学ぶ

ミスチル「花 ーMemento-Moriー」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。「Memento-Mori」とはラテン語で「死を想え」という意味。「いつか死ぬということを忘れるな」ということを人々に伝えるために使われる言葉だそうです。歌詞を見渡すと、夢のこと、愛のこと、そして死のことについて書かれています。言われてみれば、人生というのは、大きく分けるとこの3つがテーマなのかもしれません。
歌詞解釈

「口がすべって」の歌詞から学ぶ

ミスチル「口がすべって」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。人間の本質を語りながら、平和を祈って書かれた歌詞だと解釈しています。歌詞を順に読んでいくと、「わかるわかる」と思わずうなずいてしまうフレーズばかりです。身近な人との喧嘩から始まり、世界に残る紛争にも言及しています。でも、最後には許し合う力を持っている人間という生き物を信じたいという思いが書かれています。
歌詞解釈

「光の射す方へ」の歌詞から学ぶ

ミスチル「光の射す方へ」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。歌詞のなかから見えてくる主人公は、かなり尖ったところのある男。しかし、この主人公の本当の姿はもっとピュアです。そして、自分の存在が小さなものだという意識も持って悩んみつつも、目標を定めてそこに進んでいこうともがいています。僕がこのように解釈する理由を、次から書いていこうと思います。
歌詞解釈

「くるみ」の歌詞から学ぶ

ミスチル「くるみ」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。「くるみ」という言葉について、僕としては「未来を見据えつつ、過去のことを振り返るのに使っている言葉」というニュアンスで解釈しています。歌詞全体からも、過去への想いと未来への不安と希望が描かれていることが伝わってきます。
歌詞解釈

「星になれたら」の歌詞から学ぶ

ミスチル「星になれたら」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。大事な人と離れる決断をした主人公。でもそれは、いつかその大事な人に語った夢を実現したかったから。その人に夢を語ったことで、夢は約束になったのです。この約束を果たしたうえで、また“君”と笑顔で会いたい。そんな意志の強い律儀な主人公の心境が綴られた歌詞です。
歌詞解釈

「Tomorrow never knows」の歌詞から学ぶ

ミスチル「Tomorrow never knows」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。「明日のことは誰にもわからない」というテーマに沿って、過去の傷や未来への不安が描かれた歌詞になっています。ほの暗い群青色の景色が少しずつ明るさを帯びて朝がやってくる。そんなイメージが浮かんでくる一曲です。
歌詞解釈

「Forever」の歌詞から学ぶ

ミスチル「Forever」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。別れてしまった彼女との日々を思い出しながら、感傷に浸っている主人公の心境が綴られた歌詞。“永遠”なんてものを信じてしまっていた自分を浅はかだと思う一方で、“永遠”なんてものを信じれたほどの恋ができたことを大事に思っている気持ちも感じているのではないでしょうか。