歌詞解釈

歌詞解釈

「Documentary film」の歌詞から学ぶ

歌詞の深読みで感動しよう。記憶の映像(=Documentary film)の中の“君”と、現実の“君”のことを、主人公の目線から描いた歌詞。“君”が笑うと泣きそうになる“僕”という構図が特徴的です。その理由や主人公の心境を丁寧に考察します。
歌詞解釈

「Brand new planet」の歌詞から学ぶ

歌詞の深読みで感動しよう。 「Brand new planet」は直訳すると「新しい惑星(ほし)」という意味。歌詞中の「新しい欲しい」と「可能星」のことを指します。勇気を出して自分の可能性に目を向けた。そこに至るシーンや心境が「星」になぞらえて描かれた歌詞です。
2020.11.19
歌詞解釈

「その向こうへ行こう」の歌詞から学ぶ

ベイビーサラミ、フランクフルト、ショートケーキ。そして「ござるよ」。例えや言葉選びが特徴的なこの歌詞。相手はおらず、ただただ自分への言い訳をしている。そんなこの歌詞の主人公。しかし、そんな自分に価値を見出し、励まし、意気込み、また少し希望を持つ。こんな自分自身とのやり取り、おそらくあなたにも身に覚えがあるのではないでしょうか。
歌詞解釈

「turn over?」の歌詞から学ぶ

歌詞の深読みで感動しよう。 「turn over」とは「変化」や「入れ替わる」という意味。最後に「?」が付いているのは、主人公自身が自分の気持ちの変化を100%理解できていない、変化の過渡期にいるから。このスタンスで歌詞の解釈と考察を書いていきます。
2020.11.19
歌詞解釈

「youthful days」の歌詞から学ぶ

「youthful」とは「若々しい」という意味。直訳すると「若々しい日々」という曲名になりますね。この歌詞の主人公と彼女は、お互いにまだ恋愛経験が多くなく、“若い頃の恋愛”というものを心置きなく味わっているのではないでしょうか。「ただ二人でいられたらいい」という主人公の願いがありますが、これはささやかなようで一番大きな望みだと思います。
2020.09.13
歌詞解釈

「君と重ねたモノローグ」の歌詞から学ぶ

【学び】自分の“モノローグ”は最初に自分自身の背中を押してくれる。「モノローグ」とは、舞台演技などで見られる、自分の考えや感情を一人で話すこと。歌詞をたどると、恋の歌よりも友情の歌に聞こえます。これは「Birthday」とともに主題歌として使われた「映画ドラえもん のび太の新恐竜」の影響を僕が受けてるのも多分にあります。出会ったことで強くなれる。そんな相手と出会うことは、人生ではそんなに多くないでしょう。だから精一杯大事にしなければなりません。
2020.06.15
歌詞解釈

「Birthday」の歌詞から学ぶ

【学び】“今”を大事にして生きれば、今この瞬間に生まれ変われる。「birthday」という言葉には「生まれ変わる瞬間」という意味が持たされています。私もあなたも、誰もがみんな、自分の気持ち次第で今この瞬間に生まれ変われる。これがこの歌詞がメインメッセージではないでしょうか。
2020.05.23
歌詞解釈

「掌」の歌詞から学ぶ

ミスチル「掌」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。一人ひとりが違うということを、「掌」という一言で表現しているところに深みを感じるこの歌詞。その違いのせいで、真剣な自分の思いが、相手には違うように伝わったり、歪んだ結果を生んだりしてしまう。それが愛する人やわかり合いたいと思う人との関係で起こると、とてもつらい思いをします。そんな現実に苦しみながらも、違いを受け入れる必要性に気づき、互いに認め合うことができればそれがゴールなのだという考え方を教えてくれる歌詞です。
歌詞解釈

「未来」の歌詞から学ぶ

ミスチル「未来」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。この歌詞の主人公は自分の未来について不安や閉塞感を持っています。未来が不安なのは全人類共通ではないでしょうか。僕としても共感度のすごく高い歌詞です。だけど、じっくりと歌詞を聞いた後には立ち上がる勇気をもらえる、そんな曲だと感じています。
歌詞解釈

「Drawing」の歌詞から学ぶ

ミスチル「Drawing」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。優しいメロディーに桜井さんのしっとりとした声がとても美しい、柔らかく暖かいラブソングです。主人公は、“君”のことを想いながら、過去の記憶、未来への希望、そして自分の願いを頭の中に描ています。主人公はいつでもどこでも“君”のことを頭に思い“描いている”。これがタイトルの「Drawing」の意味なのではないかと僕は解釈しています。
2020.06.16
タイトルとURLをコピーしました