歌詞解釈

歌詞解釈

「All by myself」の歌詞から学ぶ

ミスチル「All by myself」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。「all by myself」は、「すべて自分で」という意味の英語。「一人きり」とか「一人で完結する」というニュアンスもあるようです。自分なりの目標に向けての希望もあり、恋もしている主人公。しかし、思うように結果がついて来なくて傷つき、悶々とした状態で日々を過ごしていることが伝わって来ます。
歌詞解釈

「こんな風にひどく蒸し暑い日」の歌詞から学ぶ

ミスチル「こんな風にひどく蒸し暑い日」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。蒸し暑さが引き金となって、思い出したくもないことを思い出してしまうという話。前半は結婚する前に付き合っていた女性との生々しく卑猥な思い出。後半は地球温暖化の心配。全体的に何の脈絡もないのですが、その脈絡のない物事をリンクさせる“蒸し暑い日”のことをテーマに歌った歌詞になっています。
歌詞解釈

「Mirror」の歌詞から学ぶ

ミスチル「Mirror」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。歌詞からもメロディからも大人な雰囲気の漂うラブソングです。伝えたいことは、シンプルだし、世界中で使い古された言葉。ですが、曲の最後にある「鏡となってあなたがどういう人でどんなに魅力的なのかを映し続ける」という言葉は、まさに珠玉の名言です。
歌詞解釈

「友とコーヒーと嘘と胃袋」の歌詞から学ぶ

ミスチル「友とコーヒーと嘘と胃袋」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。この歌詞の主人公がどんな人物か想像してみましょう。女性経験も豊富そうだし、罰当たりと言われることもいとわない姿勢。そして何より、自分の身に起こること全部を飲み込んで、それを筋肉に変えてしまおうという考え方。ここから、思い切りのいい男らしい人物という感じがします。しかし、僕は一方で弱い所や自信のないところも抱えている人物だと思います。
歌詞解釈

「It’s a wonderful world」の歌詞から学ぶ

ミスチル「It's a wonderful world」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。同じアルバムに収録されている「Dear wonderful world」という曲ととてもよく似ています。違いは、この曲のサビの部分が「Dear wonderful world」にはないということ。そして、この2つの曲の歌詞を見比べると、「It's a wonderful world」と「Dear wonderful world」は互いを補い合う関係なのではないかと取ることができそうです。
歌詞解釈

「Dear wonderful world」の歌詞から学ぶ

ミスチル「Dear wonderful world」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。同じアルバムに収録されている「It's a wonderful world」という曲ととてもよく似ているのも大きな特徴。違いは、「It's a wonderful world」のサビの部分が、この「Dear wonderful world」にはないということ。そして、この2つの曲の歌詞を見比べると、「It's a wonderful world」と「Dear wonderful world」は互いを補い合う関係なのではないかと取ることができそうです。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました