「Sign」の歌詞から学ぶ

「Sign」の歌詞から学ぶ 歌詞解釈

Mr.Children「Sign」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。

歌詞全体の解釈

まずはこの曲の歌詞全体の解釈から。

歌詞全文はこちらを参照(J-Lyric.net様)

 

“君”に対する想いをだんだん自覚し、強めていく主人公の“僕”。そんな場面からこの歌詞の物語は始まります。

さらに“僕”は、“君”の方もいろんな思いやそのときどきの感情を抱えていて、それが“君”のいろんな仕草から読み取れることにも気づいていきます。

人は本心のすべてを口には出しません。だから、こうした仕草や表情といった“サイン”を手がかりに“君”の心をこぼさずに読み解いていきたい。“僕”はそのように考えているのです。

人生は時間の限りがあるもの。もう1つも“君”のサインを見落とさないように、丁寧に生きて行こう。そんな“僕”の生き方を学ぶことができる歌詞です。

歌詞の深読み

ここからは歌詞を抜粋し、独自解釈の深読みをしていきます。

 

届いてくれるといいな 君の分かんないところで
僕も今奏でてるよ
育たないで萎れてた 新芽みたいな音符を
二つ重ねて鳴らすハーモニー
<出典>Sign/Mr.Children 作詞:桜井和寿

歌い出しの歌詞です。

“僕”は、「ダメそうかな」とあきらめて萎れかけている恋心と、それと正反対の新芽のようにまだまだ望みはあると思う気持ちの二つを合わせ持っていることがわかります。

この二つの気持ちはまさしく“君”への想いなのですが、“君”の分かんないところで奏でているということなので、はっきりその想いを伝えたことはないのでしょう。

恋をすると、希望と不安とを一緒に経験することになります。今の“僕”はまさしくそういう心境なのでしょう。

恐らく、この2人は互いに意識し合っています。でも、それぞれが相手の様子をうかがい過ぎるためか、最後の一言が言えずに距離が縮まらない、場合によっては遠ざかってしまうような状態なのです。

 

 

ありふれた時間が愛しく思えたら
それは“愛の仕業”と小さく笑った
君が見せる仕草 僕に向けられてるサイン
もう 何ひとつ見落とさない そんなことを考えている
<出典>Sign/Mr.Children 作詞:桜井和寿

サビの歌詞です。

いつもと変わらない日常を過ごしているのに、ふとした瞬間に今という時間が大事で充実しているように思える。恋をしているとそんな気持ちになること、ありますよね。

きっとこの日、いつもの日常ではあるのでしょうが、“僕”にとって嬉しい“君”からのサインが発せられたのでしょう。

そんなサインを見落としてしまうのはとてももったいないことです。そんなことを考えながら、この日の“君”からのサインを何度も反芻して思い出している様子が浮かびます。

 

似てるけど どこか違う だけど同じ匂い
身体でも 心でもなく 愛している
<出典>Sign/Mr.Children 作詞:桜井和寿

これは“君”と“僕”の2人のことを言っています。

「同じ匂い」という言葉が持つエネルギーがとても大きいです。

生きてきた環境のことなのか、同じタイミングで笑えることなのか、好きな食べ物のことなのか…、いろんな想像ができます。おそらく、それらすべてのことを表現しているのでしょう。

とにかく、“君”と“僕”は、人間として大事な部分の多くが似ているということです。

身体とか心とか、そんなどこか一部のことではなく、「同じ匂い」がすることを愛している。そんな“僕”の大きな愛が描かれています。

 

僅かだって明かりが心に灯るなら
大切にしなきゃと僕らは誓った
めぐり逢ったすべてのものから送られるサイン
もう 何ひとつ見逃さない そうやって 暮らしてゆこう
<出典>Sign/Mr.Children 作詞:桜井和寿

希望や夢、そしてそれを叶えたいという想いが少しでもあるのなら、それは大切にしなくてはいけないものですよね。それを目指していくことが生きるということなのですから。

そんな希望や夢は、これまで生きてきた中で触れてきたすべてのものから呼び起こされています。

それらのものがそれぞれ小さなサインを発していて、例え自分は意識していなくても、体や心はそのサインの影響を受けて、今の自分があるのです。

 

緑道の木漏れ日が君にあたって揺れる
時間の美しさと 残酷さを知る
<出典>Sign/Mr.Children 作詞:桜井和寿

緑道の木々からの木漏れ日がそばにいる“君”にあたり、それが揺れる場面の描写です。

“僕”はこの光景を見て、時間の美しさと残酷さを感じたわけですが、それはなぜか。

それは、木々の葉を揺らす風が原因だと僕は考えます。

風によって葉が揺れ、それで“君”にあたる木漏れ日も揺れています。ここから、揺れる木漏れ日のなかにたたずむ“君”の美しさを“僕”は感じたのです。

と同時に、次々と自分たちの身の周りを吹き過ぎていく風を感じていると、時間もまた同じように目には見えないながらも、どんどん過ぎ去っていくものだと感じたのでしょう。

 

残された時間が僕らにはあるから
大切にしなきゃと小さく笑った
君が見せる仕草 僕を強くさせるサイン

もう何ひとつ見落とさない
<出典>Sign/Mr.Children 作詞:桜井和寿

最後の歌詞です。

時間が有限であることを緑道で感じた“僕”は、残された時間を大切に生きなければならないと心に刻みます。

そのためには、“君”が発するサインをひとつたりとも見落とさないよう、丁寧に生きて行くこと。これこそが今の自分にできることであるという境地にたどり着きました。

きっと、ずっと伝えないといけないと思っていた“君”への気持ちも、きちんと伝えることができるでしょう。

 

学びの一言

残された人生は有限。大切な人からのサインを大事に読み取り、また自分からも相手にきちんとサインを発していくこと。

相手のサインを見落としたり、躊躇して自分が言いたいことも言えないでいることは、限られた時間のなかで非常にもったいないことです。

“愛の仕業”を感じたら、その愛がどこから来るものなのか、自分はどうしたいのかをしっかり考え、あとはその気持ちに従って歩んでいけば、きっと望んだ人生を歩むことができるのだと思います。

I ♥ U の曲一覧
01.  Worlds end 02.  Monster 03.  未来 04.  僕らの音 05.  and I love you 06.  靴ひも 07.  CANDY 08.  ランニングハイ 09.  Sign 1...

コメント

タイトルとURLをコピーしました