歌詞解釈

歌詞解釈

「空風の帰り道」の歌詞から学ぶ

ミスチル「空風の帰り道」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。“君”と過ごした楽しく充実した今日という時間。でも、その今日という時間が、今日も終わろうとしている。ひと時も離れていたくない人と、「さよなら」を言う時間になり、一人歩く帰り道。寒々しくて寂しい描写もありますが、そのなかにもどこか温かい前向きな気持ちがある歌詞です。
歌詞解釈

「PADDLE」の歌詞から学ぶ

ミスチル「PADDLE」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。何かやり遂げたいことがあるけれど、周りの環境や、実際にやり始めたあとの不安も正直ある。…それでも、漕ぎ出して行く。そんな意気込みと勢いが感じられる曲です。僕の中では、自分を奮い立たせるための歌。くじけそうなときにまた起き上がる気力をくれる歌なんです。
歌詞解釈

「旅立ちの唄」の歌詞から学ぶ

ミスチル「旅立ちの唄」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。大切な人との別れを描いた歌詞です。ですが、別れの歌、ではなくて旅立ちの歌です。これは詭弁でも言葉遊びでもなくて、生き方の違いです。ここ大事。別れはお互いの旅立ちであり、旅立つためには別れも漏れなくついてきます。“別れ”と“旅立ち”、どちらの要素が強いと考えるか、これはまさしく生き方の違いです。
歌詞解釈

「幻聴」の歌詞から学ぶ

ミスチル「幻聴」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。「幻聴」と聞くと、「ちょっと病んでるのかな?」「大丈夫かな?」なんて思ってしまうのが一般的なイメージだと思いますが、この曲で言う「幻聴」は自分を前に進ませてくれる原動力のこと。自分を求めてくれる、そして自分もそれに応えたくなるような誰かだったり、特定の“君”の声のことです。
歌詞解釈

「CENTER OF UNIVERSE」の歌詞から学ぶ

ミスチル「CENTER OF UNIVERSE」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。タイトルを直訳すると「宇宙の中心」になりますが、この歌詞は、「自分こそが宇宙の中心だ」というメッセージを投げかけています。「うまく行かないことも歪んだ世の中のことも気になるけれど、とにかくこの宇宙の中心は自分なのだ」この思い切った考え方が僕は大好きです。そしてこの考え方は真理だと信じています。
歌詞解釈

「Mr.Shining Moon」の歌詞から学ぶ

ミスチル「Mr.Shining Moon」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。比喩表現が豊かなまさしく詩のような歌詞。この歌詞に出てくる、水たまりは主人公の“僕”。そして月は“あの娘”のことです。ただし、Mr.Shining Moonは「Mr.」なので男ですから、月(あの娘)とMr.Shining Moonはまったく別のものです。Mr.Shining Moonはこの日の夜を明るく照らす本物の月のことだと考えます。
歌詞解釈

「靴ひも」の歌詞から学ぶ

ミスチル「靴ひも」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。恋が楽しいのは、すべてがうまく行っているときのような気もしますが、それよりも、少しの不安や、互いに相手へ気持ちが向かうあのソワソワと落ち着かない感じのタイミングではないかと思います。でも、迷ったり考えるだけでは、物事はいつまでも進まないんですよね。
歌詞解釈

「グッバイ・マイ・グルーミーデイズ」の歌詞から学ぶ

ミスチル「グッバイ・マイ・グルーミーデイズ」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。恋が実りそうな瞬間のあのなんとも言えないドキドキ感とワクワク感。それがぐいぐい伝わってくる歌詞です。歌い出しの部分では、この恋が叶うかどうか不安に思う気持ちでいた主人公ですが、彼女からのバースデーカードが届いたことで一気に喜びが爆発します。「gloomy」とは「暗い・憂鬱な」という意味の英単語。タイトルからも恋が実ってハッピーという意味がうかがえます。
歌詞解釈

「渇いたkiss」の歌詞から学ぶ

ミスチル「渇いたkiss」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。もう手遅れの別れの気配…。その独t区の空気管とそれに対する心境を書いた歌詞です。別れの原因は、彼女の心変わりなのでしょうね。主人公もそれに気づいていることが歌詞を見ていると読み取れます。男としては何とも自分が情けなくなるシチュエーション。崩れた自尊心を補おうと、何もなかった顔で、心の中では自分がいなくなることで彼女がダメージを負うことを強く期待しています。
歌詞解釈

「あんまり覚えてないや」の歌詞から学ぶ

ミスチル「あんまり覚えてないや」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。人生に起こる出来事は、あんまり覚えていないこととちゃんと覚えていることの2つに分けられますよね。この歌詞では、自分としてしっかり大事にしておきたいと思っていたことが、翌日にはぼんやりとしか覚えていなかったという話と、それとは正反対に、無意識ではありながらも若かった日のことや子どもとの思い出などははっきり覚えているという話が書かれています。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました