歌詞解釈

歌詞解釈

「君と重ねたモノローグ」の歌詞から学ぶ

歌詞の深読みで感動しよう。「モノローグ」とは自分の考えや感情を一人で話すこと。歌詞をたどると、恋の歌よりも友情の歌に聞こえます。これは「Birthday」とともに主題歌として使われた「映画ドラえもん のび太の新恐竜」の影響を僕が受けてるのも多分にあります。出会ったことで強くなれる。そんな相手と出会うことは、人生ではそんなに多くないでしょう。だから精一杯大事にしなければなりません。
2021.01.19
歌詞解釈

「turn over?」の歌詞から学ぶ

歌詞の意味を知り感動しよう。「turn over」の意味は「ひっくり返す」。主人公の気持ちが突然恋心にひっくり返ったため、主人公はその変化に理解が追いつきません。恋心が予感から確信に変わるプロセスを追った歌詞です。
2021.01.15
歌詞解釈

「クラスメイト」の歌詞から学ぶ

ミスチル「クラスメイト」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。オシャレな雰囲気のメロディーに乗って、サビだけを聞くと「元クラスメイトと再会して恋に発展」という、誰もが一度は憧れるシチュエーションの曲に聞こえます。しかし、歌詞全体を見ると、彼女には彼氏がいて、“僕”は浮気相手であることがわかります。
2021.01.19
歌詞解釈

「妄想満月」の歌詞から学ぶ

歌詞の意味を深読みしてみよう。公園のベンチでたまたま見かけた女性に恋心が芽生えた主人公。そこから主人公の誠に勝手な“妄想”が始まります。誰に知られるワケでもない主人公の身勝手な妄想。ですが、彼女の飼う犬と空に浮かぶ満月にはしっかり見られ、やましい心を勘づかれていた、という描写が面白い構図になっている歌詞です。
2021.01.19
歌詞解釈

「空風の帰り道」の歌詞から学ぶ

ミスチル「空風の帰り道」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。“君”と過ごした楽しく充実した今日という時間。でも、その今日という時間が、今日も終わろうとしている。ひと時も離れていたくない人と、「さよなら」を言う時間になり、一人歩く帰り道。寒々しくて寂しい描写もありますが、そのなかにもどこか温かい前向きな気持ちがある歌詞です。
2021.01.19
歌詞解釈

「PADDLE」の歌詞から学ぶ

ミスチル「PADDLE」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。何かやり遂げたいことがあるけれど、周りの環境や、実際にやり始めたあとの不安も正直ある。…それでも、漕ぎ出して行く。そんな意気込みと勢いが感じられる曲です。僕の中では、自分を奮い立たせるための歌。くじけそうなときにまた起き上がる気力をくれる歌なんです。
2021.01.19
歌詞解釈

「旅立ちの唄」の歌詞から学ぶ

ミスチル「旅立ちの唄」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。大切な人との別れを描いた歌詞です。ですが、別れの歌、ではなくて旅立ちの歌です。これは詭弁でも言葉遊びでもなくて、生き方の違いです。ここ大事。別れはお互いの旅立ちであり、旅立つためには別れも漏れなくついてきます。“別れ”と“旅立ち”、どちらの要素が強いと考えるか、これはまさしく生き方の違いです。
2021.01.19
歌詞解釈

「幻聴」の歌詞から学ぶ

ミスチル「幻聴」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。「幻聴」と聞くと、「ちょっと病んでるのかな?」「大丈夫かな?」なんて思ってしまうのが一般的なイメージだと思いますが、この曲で言う「幻聴」は自分を前に進ませてくれる原動力のこと。自分を求めてくれる、そして自分もそれに応えたくなるような誰かだったり、特定の“君”の声のことです。
2021.01.19
歌詞解釈

「CENTER OF UNIVERSE」の歌詞から学ぶ

ミスチル「CENTER OF UNIVERSE」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。タイトルを直訳すると「宇宙の中心」になりますが、この歌詞は、「自分こそが宇宙の中心だ」というメッセージを投げかけています。「うまく行かないことも歪んだ世の中のことも気になるけれど、とにかくこの宇宙の中心は自分なのだ」この思い切った考え方が僕は大好きです。そしてこの考え方は真理だと信じています。
2021.01.19
歌詞解釈

「Mr.Shining Moon」の歌詞から学ぶ

ミスチル「Mr.Shining Moon」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。比喩表現が豊かなまさしく詩のような歌詞。この歌詞に出てくる、水たまりは主人公の“僕”。そして月は“あの娘”のことです。ただし、Mr.Shining Moonは「Mr.」なので男ですから、月(あの娘)とMr.Shining Moonはまったく別のものです。Mr.Shining Moonはこの日の夜を明るく照らす本物の月のことだと考えます。
2021.01.19
タイトルとURLをコピーしました