「Heavenly kiss」の歌詞から学ぶ

「Heavenly kiss」の歌詞から学ぶ 歌詞解釈

Mr.Children「Heavenly kiss」の歌詞の意味と解釈を書いて行きます。

歌詞全体の解釈

まずはこの曲の歌詞全体の解釈から。

歌詞全文はこちらを参照(J-Lyric.net様)

 

珍しく一人称が「俺」という歌詞と、櫻井さんの気怠そうでいて芯のある歌声が特徴的な曲です。

長い月日に渡り付き合ってきた男女、そこに訪れる倦怠期の気配さらに別れの予兆…。

虚勢を張ったりしてしまう主人公の“俺”ですが、本音はシンプルに彼女を失いたくない。そんな男の心境が歌詞全体からひしひしと伝わってくるようです。

もう二人はダメなのか…。というあきらめのムードの漂う前半。しかし、後半の歌詞では、ふとした何気ないことで、互いにあのころの気持ちが蘇ってきた…。

そんなストーリーが読み取れるちょっと大人な雰囲気のある歌詞です。

歌詞の深読み

ここからは歌詞を抜粋し、独自解釈の深読みをしていきます。

 

こんがらがった知恵の輪
誰のせいでもありゃしない
このまま錆びついていっちゃうのかなぁ?
<出典>Heavenly kiss/Mr.Children 作詞:桜井和寿

明確なきっかけはないけれど、いっしょに時間を過ごす間に、少しずつのすれ違いが積み重なって、気がつけば関係がこんがらがってしまっていた。

こんなことってあると思います。

でも、こんがらがっていることに気づいたということは、そのズレが積み重なって大きくなってきているということですね。たぶん、相手の方も同じように気づいています。

そして、相手も気づいていることを“俺”もわかっている。だからこそ、このまま錆びついて終わってしまうのか…と不安になってる状態です。

お互いにズレに気づいているのに、具体的な対策を打とうとしていないのは、確かにまずい状態ですよね。

 

油断した隙に I’ll get heavenly kiss
それでみな上手くいくはずなんだ
<出典>Heavenly kiss/Mr.Children 作詞:桜井和寿

油断した隙に、というのがいいですね。臨場感があるといいますか。

微妙な空気が漂う関係のなかで、天国のようなキス(直訳すぎますが)をして関係の回復を図ろうとするならば、まさに相手が油断したときが最適だと僕も思います。

むしろ、油断したときにしかできない、とも言えますが。

heavenly kissというのがどういうキスなのかは2人にしかわかりませんが、互いの愛を感じるうっとりする気分になるキスといったところでしょうか。

出会ったころにはそんなキスを頻繁に交わしていたのでしょう。そんなキスをもう一度再現することができれば、今の微妙な空気感は確かに改善しそうです。

しかし、虚勢をはって裏腹な態度を取ってしまう。そんな自分に“俺”は頭を抱えています。

 

誰より愛しく 誰より憎い
こんな気持ちは知らなかった
<出典>Heavenly kiss/Mr.Children 作詞:桜井和寿

こんな気持ちになるのは、本当に彼女のことを愛しているからですよね。

愛しいけど、その分憎いときもある。もうひとつ言うと、こんなにも愛しい気持ちを自分に覚えさせたことが憎い、という側面もあるのだと思います。

ここまで愛しい想いがなければ、その分苦しんだりすることもなくて済んでいたワケですからね。

 

盲目ゆえに 見えるものもある
<出典>Heavenly kiss/Mr.Children 作詞:桜井和寿

僕がこの曲の歌詞で最も好きなのがこの言葉です。はじめてこの言葉に出会ったときには、「本当にそのとおりだ」と共感しまくってしまいました。

もちろんではありますが、盲目という言葉は「恋は盲目」の盲目です。

「恋は盲目」というのは、恋心によってその相手の悪いところはまったく見えなくなる。というような意味ですが、そんな「盲目」の状態だからこそ、逆に見えるものもあるという言い回しが素敵です。

つまり、“悪いところが見えない”状態を越えて、“他の人には見えない良いところが見える”レベルに達しているというワケです。

別れの予兆を感じたことで、改めて自分の彼女への想いの強さを再確認した瞬間がこの部分に書き表されています。

 

化けの皮を剥いだ 君を愛せるのは
そう俺ぐらいなもんさ
<出典>Heavenly kiss/Mr.Children 作詞:桜井和寿

このセリフもめちゃくちゃカッコイイですよね。一度でいいからこんなセリフ言ってみたい。と、学生のころから思ってました。言わないまま結婚しちゃいました。

彼女の化けの皮とは、どんなものなのでしょうか。清楚なふりして男を尻に敷くしたたかさがあるとか、きちんとしているふうで結構ガサツとか、とにかく一般ウケはしなさそうな本当の姿が隠されているんでしょう。

ともかく、“俺”は彼女の化けの皮の下の姿を知っているから、こんなセリフが言えるんですよね。それは彼女が“俺”には本当の姿を見せているということ。

2人の間柄が垣間見えると同時に、「そんな姿を愛せるのは俺だけだから、俺以外の男のことなんか考えないでくれ」という“俺”の気持ちも見え隠れするフレーズです。

 

腑に落ちなくたっていいじゃないか
長過ぎず 優しすぎぬkiss
ちょっと幻想に漂って

<出典>Heavenly kiss/Mr.Children 作詞:桜井和寿

クライマックスの歌詞です。最後に、2人はHeavenly kissを交わした様子。踏ん切りをつけて、きっと“俺”から仕掛けたのでしょう。

油断した隙を狙ってのキスだったならば、彼女は突然のことに「なんで今?」という表情をしたのではないでしょうか。“腑に落ちなくたって”という言葉がそんな彼女の反応を連想させます。

このキスをするときに“俺”が気をつけたのが、長すぎないこと、そして優しすぎないこと。

先に「Heavenly kissとはどんなキスなのか」と書きましたが、この歌詞にヒントがある気がします。キスそのものではなく、キスをしたあと、2人がどんな気持ちになるかで決まるということなのでしょう。

幻想に漂って出会いの日を思い出す。そんな気持ちにさせるキスのことをHeavenly kissと呼んでいるのではないでしょうか。

 

学びの一言

恋は盲目だけど、それでこそ見える相手の部分がある。

この曲の歌詞で学んだことを1つに絞るなら、僕はやっぱりこれだと思います。

盲目になるほど相手にのめり込んでいないと、見えないものがある。それが魅力的な部分なのか、欠点の部分なのかはともかく、自分しか知らない彼女を発見できるのは嬉しいことですよね。

化けの皮の下の彼女こそが、本当の彼女なのですから、恋人としてはそれをしっかり見つけて、そのうえで愛せる関係でいたいものです。

B-SIDE の曲一覧
【Disc 1】 01.  君の事以外は何も考えられない 02.  my confidence song 03.  雨のち晴れ Remix Version 04.  フラジャイル 05.  また会えるかな 06.  Love i...

コメント

タイトルとURLをコピーしました